あの頃にタイムスリップ。「第72回企画展 ’80sガーリーコレクション~”カワイイ”は時間を超える~」




あの頃にタイムスリップ。「第72回企画展 ’80sガーリーコレクション~”カワイイ”は時間を超える~」

はなこ

 こんにちは。3度の飯よりファンシーが大好物の、ファンシーはなこです。
今回は、80年代を駆け抜けた、(元)少女の皆さんに見せたいものがあります!!
えぇ、そうなんです。もうこの上の写真を見ただけでも、(元)少女達はざわついていることでしょう。この先、色んな懐い、熱いファンシーが待ち受けているので、いったん深呼吸してから進んで下さい。

というわけで今回は、一瞬であの頃へタイムスリップ出来るイベント、
“80’s ガーリーコレクション”へ行ってきました。
80’s ガーリーコレクションは撮影OKなので、色々写真で紹介したいと思います。
これから行く予定の方は、この先はネタバレですので、そっと閉じてください。

スポンサーリンク



80’s ガーリーコレクションの場所、料金

“80’s ガーリーコレクション”は兵庫県宝塚市にある、「宝塚市手塚治虫記念館」で開催されています。
入場料は無料で、手塚治記念館の入館料のみになります。

手塚治記念館の入館料は、こちらの記事よりご確認ください。
リンクマンガの神、手塚治虫の記念館。「宝塚市立手塚治虫記念館」へ行って来ました

3階、“80’s ガーリーコレクション”へ

早速中へ

こちらは、メモ帳やポケットティッシュなどの展示。

“わぁ~、これ持っとった~!”というものや、“こんなキャラあったあった~懐かしい~!”というものまで。
あみだメモや、表彰状、メンバーズカードなども懐かしい!

ポケットティッシュに関しては、何かしら女子は持ってましたよね。

匂いのするやつや、プリント入りのもの。そういうやつは可愛すぎて中々使えなかったなぁ。

文房具にも見覚えありまくり・・・

懐かしい、鉛筆・シャーペン。

そうそう、こんな形のやつ持ってたなぁ~

消しゴム、缶ペンケース

あったあった~、この棒つきのキャンディみたいな消しゴムも懐かしい!

あったあった~、こんな筆箱みんな持ってた~!

ケースも可愛い、あの頃の絆創膏

今でも色あせない可愛さ!ケースも可愛くて、無駄に持ち歩きたくなる可愛さ。

レモンヴィレッジ

82年に誕生した、レモンヴィレッジ。

ティーン向け人気雑誌「レモン」によって誕生したキャラクター。

うちのタマ知りませんか?

83年に誕生した、国民的キャラ!

金太くん

81年誕生。和の日本男児キャラって珍しいですよね。

ゴロピカドン、マイメロディ

82年誕生のゴロピカドン。
75年誕生のマイメロディは、サンリオのハローキティと肩を並べる人気キャラクター。

趣味は、ママと一緒にクッキーを焼くこと。

カミナリの国で生まれた、雨が嫌いな、やんちゃな3つ子の兄弟。

レッツチャット

81年に誕生した「レッツチャット」。

特にパッツィダックというアヒルのキャラは、雑貨小物のみならず電化製品なども製造され、海外でも販売

タキシードサム

1979年にデビューした「タキシードサム」。
蝶ネクタイは365本持っているオシャレペンギンなんだとか。

バイキンクン

1981年、キャラクターの絵のついた商品が「キャラクターグッズ」と呼ばれる以前に誕生したバイキンクン。

日本のキャラクターグッズの走りであるバイキンクンは、2011年で30周年を迎えました。

ハローキティ、リトルツインスターズ

サンリオの代名詞、ハローキティが世に出たのは、1975年。
世界でも活躍し、文房具から自動車まで、キティグッズは限りないです!

「リトルツインスターズ」よりも、「キキララ」というほうが馴染みがありますよね。

双子星で、ララは姉、キキは弟である。人物の姿をしているが、サンリオの公式ホームページでは「ひと」ではなく「ふしぎ系」に分類されるそう。

身長は、キキとララふたり合わせてお月様と同じくらいって・・・!?

ユニコ

1976年から1979年までの間、サンリオが発刊していた雑誌「リリカ」で連載されていた手塚治の作品、「ユニコ」。

 

その他にも、懐かしいキャラが満載

「ボ・ボクねずみ小僧だい!」や、「みんなのたあ坊」。

雑貨店を開いていて、ネコのトラと暮らしている「ウメ屋雑貨店」。

お弁当箱は「ニャニィニュニェニョン」。

NYに住む幼馴染の設定の「ザ ボードビルデュオ」と、歌が上手なカエルの男のコ、「けろけろけろっぴ」。

どちらもブタのキャラクターがかわいい「チアリーチャム」、「ザシキブタ」。

84年に誕生した「ハンギョドン」。デザイナーさんは「バッドばつ丸」と同じだそうです。

かつての乙女の部屋

絶対誰しもが、部屋にありそうなグッズがたくさんあって、まさにあの頃のティーンズたちの部屋!

テーブルの上には乙女のバイブル「りぼん」。380円、安い!その下には子猫物語?

コレも懐かしい「マイバースデイ」という雑誌!290円で買えていたなんて。

昔懐かしいカセットテープのインデックスカード!

ふぁんしーねんぴょう

おさらいとして、ファンシー年表はこのようになっております。

ぬりえ

会場ではぬりえもあります。

子供たちがぬりえに夢中のスキに、ショーケースにへばりつきながら、思いきりファンシーを満喫します。

フォトスポット

会場に来た記念になる、フォトスポット。

こんなアイテムもあります。

グッズコーナー

 

グッズコーナーでも、サンリオキャラクターが販売されていました。
リンクマンガの神、手塚治虫の記念館。「宝塚市立手塚治虫記念館」へ行って来ました。

おわりに

はなこ

懐かしいグッズを眺めながら、その時代の光景が走馬灯のように蘇った時間でした。

見に来ている人たちも、「これ持ってた!懐かしい~。鉛筆交換とかしたよね~」なんて会話が聞こえ、
“したよした~!交換した~!”と思わず共感してしまう仲間のような人たちが、たくさん訪れていました。

こんなにもファンシーに囲まれていたなんて、なんて素敵な時代だったんでしょう!今見ても、すごく可愛い!!
近頃では昔のキャラクターも復活して売られているのも見かけますよね。
これを知らない若い世代の子達とも、もっとこの可愛さを共有できれば素敵ですね。

本当に楽しかった!定期的にこのイベントやってほしいぐらいです!

◇ 80’s ガーリーコレクション


住所:〒665-0844 兵庫県宝塚市武庫川町7-65
イベント期間:2017年10月27日~2018年2月20日

営業時間:9時半~17時(入館16時まで)
定休日:毎週水曜日

電話:0797-81-2970
駐車場:なし(近隣Pあり)
HPhttp://www.city.takarazuka.hyogo.jp/tezuka/index.html

兵庫県宝塚市武庫川町7-65

「いいね!」を押して
最新情報をお届け!

コメント

*
*
* (公開されません)